何歳になっても離れられない昔の車

現在は毎日ダイハツのエッセで通勤、買い物をしています、随分コンパクトな車で車庫入れ、縦列、狭い道、小回りがきき燃費もかなりよく、大満足ですが、休日の私の愛車はトヨタ86レビンと代わります。足回りを強化して、シートはバケットシート、運転席と助手席に。後ろのシートはなくその代わり4点式のロールバーを、キャブの吸気のガオッツガオッツという音、FRの駆動、なんとも言えない改造感。そこにマツダRX-7に乗った友達が登場、雨宮のロータリーエンジンを積みコンピューター制御したほぼフルチューンのセブン。この2台で少し遠くのサーキット場へツーリング。私の86はこの友人のセブンと一緒に走るとなんともしょぼ臭いがそれでも軽快な走りと軽い音は負けない位力強い。

高速道路になるとセブンはパワーを発揮するがしばし走るとすぐ休憩、熱を逃がしてあげないといけません。一服しているとまわりには車好きなおじさんたちが集まってくる、エンジンルームをあけて覗く。セブンのエンジンルームはぎっしり詰まっているが、86はスッカスカ、セブンのハンドルまわりはまるでジェット機のコックピット、86はセスナといったところだろうか。こんな比べ合いも楽しい。全くタイプの違う車両はまた走り出す、ロータリーエンジン特有のアイドリングの不安定な重低音、と4AGの高速回転の軽い音を聞きながらサーキット場へ到着、降り立った私たちをみんなが怪訝な顔で見る。きっと私たちが40代半ばの中年女性だからでしょう。