何歳になっても離れられない昔の車

現在は毎日ダイハツのエッセで通勤、買い物をしています、随分コンパクトな車で車庫入れ、縦列、狭い道、小回りがきき燃費もかなりよく、大満足ですが、休日の私の愛車はトヨタ86レビンと代わります。足回りを強化して、シートはバケットシート、運転席と助手席に。後ろのシートはなくその代わり4点式のロールバーを、キャブの吸気のガオッツガオッツという音、FRの駆動、なんとも言えない改造感。そこにマツダRX-7に乗った友達が登場、雨宮のロータリーエンジンを積みコンピューター制御したほぼフルチューンのセブン。この2台で少し遠くのサーキット場へツーリング。私の86はこの友人のセブンと一緒に走るとなんともしょぼ臭いがそれでも軽快な走りと軽い音は負けない位力強い。

高速道路になるとセブンはパワーを発揮するがしばし走るとすぐ休憩、熱を逃がしてあげないといけません。一服しているとまわりには車好きなおじさんたちが集まってくる、エンジンルームをあけて覗く。セブンのエンジンルームはぎっしり詰まっているが、86はスッカスカ、セブンのハンドルまわりはまるでジェット機のコックピット、86はセスナといったところだろうか。こんな比べ合いも楽しい。全くタイプの違う車両はまた走り出す、ロータリーエンジン特有のアイドリングの不安定な重低音、と4AGの高速回転の軽い音を聞きながらサーキット場へ到着、降り立った私たちをみんなが怪訝な顔で見る。きっと私たちが40代半ばの中年女性だからでしょう。

ケチらなくて良かった車の内装

我が家で購入した車は国産車ですが、ちょっとした外車が買えてしまうくらいお高くついてしまいました。車自体の価格もですが、内装などのオプションが重なって高くなってしまったと思われます。
今は毎月ローンに追われていますが、それでも後悔はしていません。
もう10年は乗るつもりでいますが、次回購入するときも譲れないなと思ったことがいくつかあります。

ひとつは「シートを革にしたこと」です。
私自身は結婚前、普通のシートの車にしか乗ったことが無かったので分からなかったのですが、座りごこちが全然違います。
特に長距離移動をすると分かるのですが、お尻が全然痛くならないのです。
これは運転をする人も、乗せてもらう方も嬉しいことですね。
やはり柔らかいので、その分体にフィットするのだと思います。

もうひとつは、前席に「シートヒーター」を内蔵したことです。
これが冬場にはとても良い仕事をしてくれます。腰回りがほんわり暖かくなって、特に女性にはうれしい機能だと思います。「ベンチレーション」という空気を送ってくれる機能もついていて、これは夏場に体を涼しく保ってくれます。

最後は助手席に「パワーオットマン」を付けたことです。
助手席に乗った人しかこの恩恵は受けられないのですが、ショッピングなどで脚が疲れている時、長距離移動の時など、このオットマンが脚を楽にしてくれます。
以前母を乗せたときに使ってみてもらったのですが、とても感動していました。

余裕があるならばこれらの機能は本当におすすめです。

愛らしい中古車 WILL CYPHA で毎日ご機嫌に

今、私が乗っている愛車は、TOYOTA WILL CHPYAです。
聞いたことないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まず、読み方は「ウィル サイファ」と読みます。これは、2002年にTOYOTAで発売された乗用車で、形はなんとなくビートルに近い形をしています。
この車を買うきっかけとなったのは、3年前に前の車の車検が近づいたことでした。以前の車は、免許取得後初めて手に入れた自分の車でしたが、何度も自損し、かなりボロボロになってしまっていました。修理する手もありましたが、買換えたいなという気持ちが強くなって、どんな車を買うか悩んでいました。
そんな中、ある日の休日、よく通る道を走っていると、赤のWILL CYPHAとすれ違いました!その個性的で愛らしい形に一瞬で虜になった私は、瞬時にその車の名前を見つけ、すぐにインターネットで相場を調べました。
すると、この車はすでに販売中止となっており、中古しか出回っていないことを知りました。近所の中古車屋さんに行き、駄目元でこの車がないか伺ってみました。なんと、調べていただくと、本体価格30万円程度でオークションに出されているのを見つけられました!色は薄い水色で、ブルー系の色が好きだった私にとっては理想的な色でした。即購入を決め、車検直前の以前の車は廃車にしました。
今年で3年目になるWILL CYPHAですが、定期的なメンテナンスをし、自分で洗車をして今でも大事に乗っています。
私は、少し飽きっぽい性格で、気に入ってもすぐに飽きてしまうところがあります。しかし、この車は全く飽きがきません。また、この車に乗っていると、友人や、知人から「面白い車乗っているね」や「おしゃれだね」と言われ、かなり評判が良く、私によく似合っているとも言っていただけます。それが嬉しいのもあって、今でも毎日ご機嫌に通勤手段として利用しています。
今後10年くらいは乗りたいなと思っているので、今の水色を塗装して帰るなどのアレンジをしてみたいなと計画中です。
今、低燃費の車が話題になったり、若者の車離れが進んでいますが、毎日車を使って仕事に行く私は、通勤時間も楽しめる自分好みの車を探してみるのもありかなと思っています。本当に気に入った車なら、ガソリン代やメンテナンス代のために頑張って働こう、という気持ちにもなれるのではないでしょうか。

せっかく娘に購入した新車は燃費の不正で販売停止になってしまいました

この春短大を卒業し娘が地元に帰り保育士になりました。我が家は田舎ですので車がないと生活できません。そこで娘のために軽自動車の新車を購入することになりました。いろいろなお店に行きましたが、デザインや燃費の良い軽自動車に決めました。軽自動車といってもすごく高い値段でしたね。

安全装置やらいろいろな機能がついているからだと思いますがあまりに高くで驚きました。でも初心者ですし安全に仕事場まで通ってほしかったので奮発して購入しました。色はピンクで若々しいかわいい車です。娘も気にいった様子で毎日張り切って会社に通勤していました。そんな時に飛び込んできたのが燃費不正のニュースでした。娘の車も対象でかなりショックを受けましたね。しかも今後はこの車種は販売中止になると聞かされました。まだ購入して1か月もたっていなかったのに愛車が販売中止なんてショックですよね。

あんなに気にいっていた車も乗ることさえ嫌になったようでした。会社でもからかわれ、もう他の新車に変えたいとまで言うようになってしまいました。しかしまだ1回の支払いをすませたばかりでしたので1年間は我慢して乗るように説得しています。それでも問題のある車ですので下取りも不安でいっぱいです。今はとても下取りに出せる状態ではないので本当にいい迷惑ですね。せっかく心弾ませて新社会人になったというのに車のせいで生活まで台無しですよ。まあなんとか我慢して乗っていますがなんとか保障でもしてほしいです。

車の適切なメンテナンス

車を適切にメンテナンスすることは、長期間にわたり車を使い続ける際には重要なポイントのひとつとして認識されています。このようなメンテナンスを適切に展開することにより、車を快適に利用できる状況が維持されることに加えて、車自体の寿命が延びる可能性を高めることにも繋がります。この数年は、自動車のメンテナンスに関する適切な知識を持つ人が多く見受けられるようになり、自身のでメンテナンスを展開する機会が飛躍的に増加しているのではないかと思います。この傾向が強く見受けられていくことで、多くの車が長期間走り続けられるように環境が整えられるのではないかと推測されています。

定期的な車両点検で車のメンテナンスを施すことは十分可能ですが、それ以外のタイミングでも適宜メンテナンスを行うことが重要視されています。昨今はこのような認識が強く見受けられるようになり始めていると推測されていることから、このような傾向に拍車が掛けられているのではないかと思います。

今後も自動車を所有する人の大半が、こうした定期的なメンテナンスを実践するようになっていくことが見込まれています。正しい方法で車のメンテナンスや修理を展開していくことによって、カーライフがより快適なものとなるとみられています。また、車のメンテナンスに利用されるアイテムを積極的に利用することでも、メンテナンスが充実したものになるとみられ、利用することが推奨されるのではないかと思います。